風俗営業法とは

俗に風営法と言われる法律は、正確には「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」と言います。最初の「等」というのは、歴史的に、この法律に、性的サービスありきのものに加え、それらの望めないもの、例えばパチンコや雀荘、ディスコにクラブやゲームセンターなどが含まれてきたからです。後の「等」とは、営業時間に関して言われることが多いです。つまり、風営法では、風俗営業店はてっぺんを周ると営業ができないということになっています。法律内では「深夜の営業を禁止」とあり、その深夜とは「午前0時から日の出」と定義されています。また、盆暮れ正月はその規制が緩和され、営業時間を延ばす風俗店もあり、パチンコ店のオールナイト営業はその恩恵を受けた例です。また、都道府県によっては午前1時まで営業時間を延ばすことも出来ます。

それ以上の時間帯で営業、受付をする風俗店は、風営法の規制強化により減少の途をたどっていますが、もし営業している風俗店があれば、それは管轄の警察から黙認されている状態と言えます。また、法律上は摘発の対象となりますので、その条件での利用の際には気を付けなければなりません。そしてそれらは実際に数知れず存在しているのが現状です。

法律というものは、定めた人間が偉いという生易しい事を言えるわけではなく、運用する側がキチンと運用してこそ初めて価値が生まれるものです。風営法に関しては、間違いなく運用する側の姿勢が問われている法律だと言えます。

◎管理人特選サイト
風俗営業法の許可をもらっているお店だけを紹介しているサイトです >> 風俗

Copyright © 2014 風俗営業法 All Rights Reserved.